top of page
HOME > THE BLOG > POST

あの香りは一体何?「ムスク」の香り

WHAT THE HELL IS THAT SMELL?


ようこそ、『あの香りは一体何?』へ。PFの香りに使われている成分を探る新シリーズ。

 

いくつかのフレグランス用語を掘り下げて、人気の香料化合物であるムスクについて調べてみましょう。ムスクはとても人気で多くの香水に使用されており、その香りには深みとコクがあるため、ムスクはベースノートの役割を担ってくれます。分子的に言えば、塩基は非常に重く安定した化合物であり、ミドルやトップノートよりもはるかにゆっくりと消散します。香りは空気中に長く残り、ご自宅で長時間持続する香りとしてムスクは最適です。


ムスクの歴史は、ジャコウジカなどの動物に由来する天然のムスクから始まります。この香りは、鹿がパートナーを引き寄せる香りとして存在しました。これが今日の香水業界で、ムスクの香りが本能的な反応を呼び起こすと言われている所以です。しかし、ムスクを得るために動物が殺されるため、ムスクの抽出は動物にとって残酷なものでした。このような理由でムスクは信じられないほど高価な原料になりましたが、コストだけではなく倫理的な配慮により合成ムスクが広く使用され、現在はほぼ独占的に使われるようになりました。


では、ムスクをどのように解説しましょうか?

ムスクの香りは、動物的で親密さを与えることも、また清潔で新鮮な香りを与えることもできるため、信じられないほど多くのものに使用されています。ムスクはほとんどの場合、ただ重くセクシーな香りではなく、柔らかく丸みを帯びた質感を加えてくれます。また、洗いたての清潔なリネンのような香りも与えてくれるため、洗濯洗剤の重要な芳香成分でもあります。重く、安定した成分なため、衣類にムスクの香りが長時間残ります。(洗剤の香りが長持ちする機能と香り成分そのものの機能を兼ね備えた形状です。)おそらく、多くの人が最初にムスクに触れたのも、「The Body Shop」のホワイトムスクだったのではないでしょうか。(私自身、ある夏に遠距離恋愛中のボーイフレンドを思い出すためにそれを使用したことを覚えています。)


少し専門的なフレグランスのお話をしましょう。

重くて少しセクシーな(そして動物的な)ムスク分子は、ムスコンとアンブロキシドと言い、また柔らかく清潔感のあるホワイトムスクの分子は、グラソイルとアンブレットリドと言います。「アンブレッドシード」や「アンジェリカルーツ」は代表的なムスクシードの精油です。


ムスクは使用する分子に応じて非常に多様な場面で使用できるため、私はムスクは香りにコクと質感を与えてくれるものだと考えています。温かい肌にも美しく溶け込むため、香水業界で非常に人気があります。ムスクに関する、興味深い話としては、非常に多くの人(おそらく人口の50%くらい)が実際にムスクに対して無嗅覚的である。__つまり、ムスクの匂いを嗅ぐことができないということです。ムスクを単なる香りとしてではなく、テクスチャーとして考えることが、香りを嗅ぎ分けるコツです。


トムと私はここロサンゼルスの芸術嗅覚研究所にて香水のクラスを受講し、そこで「ブラインド嗅覚テスト」を受けました。3つの試験紙のうち、1つにだけムスクを浸し、残りの2つの試験紙には何も浸さずにテストを行いました。講師はどれが違うのかと尋ね、テクスチャー(頭と体の中での香りの感じ方)と匂いを探すようにアドバイスしました。これにより、トムは試験紙を区別することができるようになりました。つまり、彼の鼻はムスクの匂いを嗅ぎ分けるコツを掴んだということです。彼は今でも、キャンドルにあるムスクの香りを嗅ぎ分ける際には、テクスチャーとわずかに感じる香りをたよりに探し出しているそうです。



ムスクが入っているPFのフレグランスは、04 TEAKWOOD&TOBACCO 10 SWEET GRAPEFRUIT11 AMBER&MOSS32 SANDALWOOD ROSELOS ANGELESGOLDEN HOURMOONRISE です。ぜひムスクの多様な香りをお試しあれ!







Comments


bottom of page